2014/12

25

コメント:0

Merry Christmas and Happy New Year !




働く女性に期待される役割は、ますます大きくなっていますが、一人ひとりが使える時間は変わりません。何が大切で何をあきらめるかという判断や、やると決めたものはどう効率的にこなすかという知識が、生活の質を決める時代になっています。当ブログはこの1年も、働く女性のためのミニコラムをご提供するよう努めてまいりましたが、果たしてお役に立ちましたでしょうか。来年は、よりいっそうお役に立つミニコラムをご提供できるよう努めてまいります。

みなさま、よいお年をお迎えください。

※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 年末年始 ごあいさつ

2014/09

18

コメント:0

忙しく働く女性に必要な片づけスキル


忙しく働いていても、部屋がきれいに整理されている人がいます。しかし、忙しくなればなるほど部屋が散らかってしまうという人も多いのではないでしょうか。散らかっていても見た目以外に問題がなければ、全てを完璧にやって倒れるよりはずっと良いことです。しかし、どこに何があるか分からなくなり、探し物に時間をとられるようになったら問題です。探し物というマイナスをゼロに戻すむなしい作業を「時間ドロボー」と思うのは私だけではないでしょう。仕事を効率よくこなすためにも、「片づけ」が大切だと多くの人が気がついています。

そこで今回のミニコラムでは、片づけ本として過去大ヒットをした『断捨離』と『人生がときめく片づけの魔法』(以下、『片づけの魔法』と略)の2つを取り上げ、「片づけ」について考えてみたいと思います。どちらも「これで片づけられるようになった」という声が多い一方、「合わない」という人もいるので、片づけ方法には多くの人に当てはまる本質的な部分と、人によって異なる相性のようなものがありそうです。本質的な部分を外さず、自分に合った方法を見つけることが出来れば、片づけられた状態に早く到達できるのではないでしょうか。

新・片づけ術「断捨離」

人生がときめく片づけの魔法


1.共通点

基本的な考え方はおどろくほど似ています。私が感じた重要なポイントは、次の3点でした。
 
まずは捨てる
まず第一にやるべきは、不要なものを捨てる(リサイクル等を含む)こと。収納方法などを考えるのは、不要なものを捨てきってから。ただし、外から見える行為は「捨てる」でも、本質的には「自分に必要なものを選ぶ」である。
片づけ=自分との対話
これが自分にとって本当に必要か・ふさわしいかを判断するためには、おのずと自分にとって大切なことは何かなど、深いレベルで自分を見つめなおさざるを得ない。
「執着」「不安」から解放される
モノを捨てられない大きな原因が、「過去への執着」や「未来への不安」。「今」の自分にとって必要なことは何かを考えているうちに、そのような執着や不安がなくなる。

今の自分に必要でふさわしいモノという視点でモノを厳選すれば、大した収納テクニックがなくても気持ちのよい空間が生まれ、余計な執着や不安から解放されたり、本当の自分が分かったりして、人生にも好循環が生まれる。まわりに大量のモノが溢れ、必要以上に所有欲をかきたてられている私たちのほとんどに当てはまる、これが1つの解なのだと思います。

2.相違点

1のような共通点も見られますが、もちろん違いがあります。私が気がついた大きな違いを簡単にまとめてみました。

danshari_konmari.png

※1 別の場所にあっても、同じ種類のモノはまとめて片づける
※2 それぞれ、同じ著者のその後の本で補完されている

3.この2つの本をどう生かすか

1であげた共通点は片づけの本質(コア)で、2の相違点は方法論の違いだと思います。どんなにすぐれた方法論でも万人に通用することはないので、どちらが正しいかではなくどちらがより自分に向いているかという問題でしょう。自分に合わせて必要なところ・使えるところを利用すればよいのではないでしょうか。私の場合、基本的なやり方は『断捨離』をメインにし、残すものを決める判断基準や収納法は『片づけの魔法』からヒントをもらう形に落ち着きました。

  • 一気に片づけるためのまとまった時間を確保できないので、すき間時間で少しずつという『断捨離』の方式しか選択できない。
  • 仕事関連のもの(仕事用の服や本)が多いため、「ときめき」だけで判断できない。また、プライベートの「ときめき」も日によって変わるので、短期間で一気に捨てることはリスクが大きい。
  • 『片づけの魔法』は、具体的に著者の捨てる基準や収納の基準・例が理由つきで示され、イメージしやすい。

忙しく働く女性の多くは、時間的制約から『片づけの魔法』の一気の片づけはかなり難しいのではないでしょうか。ただ、すき間時間で少しずつやる方法は挫折しやすいのもまた事実で

◇ いつまでに終えるという目標を明確にしておく
◇ 片づけが終わるまでは、新しいモノを買わない(断捨離の「断」)

などの対策が必須です。

『片づけの魔法』は、「ときめき」のような感覚的な言葉遣いや文体に混じって、非常に合理的な思考もあり、『断捨離』とは別の刺激を受けました。例えば、こういう理由(下の例では↑部分)だから、こうすべきという提案(▼部分)の、提案部分は私の生活スタイルにはあまり合いませんでしたが、理由部分は「そういう視点も必要だ」と納得するものでした。

▼ 取扱説明書は全部捨てる
▼ 契約書などほとんどアクセスしないものは、分類せずまとめて保存
  ↑ 「分類・保管の手間」と、「必要になる頻度×探す(代用を含む)手間」を天秤にかけた結果
     (リスク管理と同じ考え方)
▼ 「行動動線」「使用頻度」は無視してもOK
  ↑ 取り出す手間よりしまう手間を軽くするため、シンプルな収納にする

私は取扱説明書を全部捨ててはいませんが、リスク管理と同じようにむやみに全てに備えるのはムダだと気がつき、自分なりの基準で取捨選択するようになりました。同様に、それまで漠然としか意識していなかった「しまう手間」を強く意識するようになり、「行動動線」「使用頻度」と「しまう手間」のバランスを考えるようになりました。

世の中にはこの2冊以外にも片づけ・収納・インテリアの本があふれていますが、私の場合、「欲しいものが、手間なく(=ストレスなく)取り出せる」ことが一番重要な条件です。他の人には散らかっているように見えてもモノが把握できてすぐ取り出せればOK、どんなにきれいに見えても取り出すのに手間がかかりすぎるものはNGなのです。最終的に何が一番重要かという基準を明確にし、それをぶれずに守り続ければ、自然に片づくようになると思います。忙しく働く女性にとって、一番重要なのは「時間」ではないでしょうか。

※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 働く女性 丁寧なくらし 手軽

2014/08

28

コメント:0

自己革新できる組織とは


日本の企業は、終身雇用や年功序列など独特の制度を持っていますが、最近はこの2つが崩れ始めて大きく変わろうとしています。日本独特の制度と同じように、組織として動く際の日本人特有の傾向もあるでしょう。それがマイナスに働く作用の強いものなら、それを避ける対策が必要になります。

その際に参考になるのが、『失敗の本質』という本だと思います。この本は、大東亜戦争(太平洋戦争)の諸作戦の失敗を、組織としての日本軍の失敗ととらえ、それを分析しています。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)


軍の作戦を分析材料にしているので、女性には興味がわきにくいかもしれません。戦争の実体ではなく、日本の組織が陥りやすいマイナス面とそれを避けるために何をすべきかを知りたいという場合、個々の作戦の事実関係の記述が主の1章は飛ばし、「2章 失敗の本質」「3章 失敗の教訓」だけを読んでも良いと思います。第1章を読んだほうがより実感が湧きますが、これからの組織を考えるための材料はこれでも充分得られるはずです。

2章では、日本軍の失敗の原因として

  • あいまいな戦略目的のため、判断がバラバラになり、戦力を有効に生かせなかった
  • 短期決戦のみ考え、長期的展望がなかった
  • 論理より情緒や空気が重視され、事実を正確・冷静に直視できなかった
  • 人事評価基準があいまいなため、声の大きな者が突出することとなった

などを指摘していますが、現代の組織でも思い当たるところがありそうです。

そして3章の冒頭で、これらの原因を総合し、日本軍が主体的に環境に適応できる組織「自己革新組織」でなかったことが失敗の根源的原因としています。では、環境に適応できる組織「自己革新組織」とは、どのようなものなのでしょうか。本では、

  1. 組織に緊張感や危機感をもたせ、組織の自然発生的な進化を促す
  2. 組織の構成要素の自律性を確保する
  3. 漸進的変化だけでなく、現状の創造的破壊を伴う突然変異のような進化を行う
  4. 異質なヒト、情報、偶然を取り込んで、イノベーションを起こす
  5. 結果(特に失敗)を客観的に評価し、それを知識として蓄積し、次に生かす

などの条件があげられています。

この中で一般にリーダーがもっとも嫌がるのは、4の「異質なヒト(=視点)を取り込む」ことではないでしょうか。リーダーは、効率を求めるあまり、自分と異質なヒトを排除し同質のメンバーを集めたがるからです。しかし、私は「異質なヒト(=視点)を取り込む」ことが、「自己革新組織」を作るうえで最も重要なことだと思います。それによって多角的な視点が得られて、視点が高くなり視野も広がります。1の緊張感や危機感も生まれますし、3の創造的破壊を伴う突然変異も生まれやすいでしょう。5の評価も、多角的な視点が加わることで客観性が増します。「自己革新組織」になれば、リーダーが直接関与する部分が少なくてもメンバーが自律的に動くので、リーダーの負担が軽減して戦略など重要な作業に集中できます。異質なヒトを取り込むことことは、長期的に見ればとても効率的な方法なのです。

現在では、環境が変化するスピードはますます速くなり、それに適応できない企業は生き残れなくなっています。一方で、変化に不安を感じ、昔のような「安定」を志向する人も増えています。リーダーには、ともすれば「変わるまい」とする人たちを突き動かし、自己革新組織を作り上げることが求められているのです。『失敗の本質』という本は、そのために良いヒントを与えてくれる本だと思います。


※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 働く女性 キャリア 仕事 戦略

お知らせ

★ 初めてお越しいただいた方は、是非、[こちら]もご覧ください。

プロフィール

Another You

ジュエリーショップ Another You は、忙しいビジネスパーソンが忙しい日々のなかで見失ってしまった自分らしさ、その自分らしさを探す場をジュエリーを通してご提供することを目指しております。

その一環として、ビジネスパーソンとしての経験を持つスタッフ、ITエンジニアとしての経験を持つスタッフ、ジュエリー制作の技術を持つスタッフ、ジュエリーコーディネータの資格を持つスタッフが、働く女性のお役にたてるミニコラムを掲載してまいります。

最新記事

人気記事ランキング(1ヵ月間)

検索フォーム

ビジネスシーンで使えるジュエリー

クリックで詳細画面に移動します

ジュエリー/ファッションコラム(別ブログ)

NEW  仕事でジュエリーを着ける意味
ホワイトゴールドはなぜ白い?
K10は金と言える?|貴金属の知識
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由2
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由1
太い指の人がビジネスシーンで使える指輪
首の形から考えるビジネスシーンネックレス
顔の形から考えるビジネスシーンイヤリング
ビジネスシーンのメガネとジュエリー
ショールカラージャケット|ジュエリーコー..
ノーカラージャケット|ジュエリーコーデ..
テーラード+イタリアンカラー|ジュエリ..
テーラード+カットソー|ジュエリーコー..
テーラード+シャツ|ジュエリーコーディ..
戦略の立て方|ジュエリーコーディネート..
ビジネスシーンジュエリー(3)手元
ビジネスシーンジュエリー(2)胸元
ビジネスシーンジュエリー(1)顔まわり
本質をテーマにした指輪|試作品
働く女性の腕時計と手のジュエリー
働く女性の腕時計とブレスレット
今もとめられるジュエリーとは
スーツにふさわしい季節感のあるジュエ..
ビジネスシーンのジュエリーに季節感を
ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える
ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
ビジネスシーンで役立つオメガ・ネック..
ビジネスシーンでのブローチ
ジュエリーに関する雑学
ビジネスシーンにふさわしいV字指輪
ビジネスシーンでの指輪はどの指に
リーダーにふさわしいビジネスシーンでの..
ビジネスでのファッションは仕事のセンス
リーダーにふさわしい貴金属とは
リーダーにふさわしい宝石とは
ビジネスシーンにおけるジュエリーリング

PR

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数|since 2012.4

Original Designed by

Ad