2013/10

24

コメント:2

老子|何の解決にもなっていない!?


情報化・グローバル化が進んだ現代では、働く人々は激しい競争にさらされています。いかに効率的に働いて、いかに大きな成果を得るが重要になり、その方法を解説した本もよく見かけます。一方で、人間にとって何が大切であるかという価値観そのものが変化している時代でもあります。それは、働く人のマインドに影響するだけでなく、エコが重要なセールスポイントとなるように消費者のマインドにも影響を与えるようになってきました。昔と同じものを売っていても売れない時代ですから、人間にとって本当に価値のあるものは何かを考えることがビジネスにとっても重要になってきています。しかし、そのようなことを書いた本は難しいというイメージが強く、私もなかなか本格的な本には手が出ません。

そこで私がよく見るのは、NHK番組『100分 de 名著』(番組のHP→)です。この番組は別のミニコラム『「100分 de 名著」で世界を広げる』でもご紹介しましたが、25分×4回=100分で名著の「核」を紹介しようという番組です。全く知らない初心者やちょっとだけは知っている準初心者向けの入門編と言えるもので、文学作品から宗教や哲学など色々な分野の本を解説しています。特に宗教や哲学の名著に関しては、出来るだけわかりやすく、しかし「核」についてはそこそこの切り込みがあるので、つぼにはまると見ごたえがあります。

最近の放送で、私のつぼにはまったのが『老子』でした。一番印象的だったのは、きたろうさん演じる老子先生が電話でお悩み相談にのっているシーンです。老子先生の回答を聞いた相談相手は「何の解決にもなっていないじゃないですか!」と怒り出します。実践的な回答を求めている相談相手に抽象的な回答をしてしまい、次元が違いすぎて相談者に受け入れられないのです。第3者の立場で見れば、悩んでいるときはもう少し大きな視野・高い視点で問題を捉えなおした方がよいと分かります。例えば、「○○できなくて悩んでいる」場合、○○できるようになる方法を考えるよりも先に、○○をすることが本当に正しくて必要なことかと考えることが大切です。しかし、問題を抱えている当人はなかなかそれに気がつかないのはよくあることで、私もよく逆切れしているかもしれないと苦笑してしまいました。

番組の内容に解説を加えたテキストも発売されています。残念ながら、老子先生のお悩み相談は掲載されていません(笑)

『老子』 2013年8月 (100分 de 名著)




番組は
  1. 「道」に従って生きよ
  2. 水のように生きる → 理想は「戦わずして勝つこと」
  3. 人を生かす知恵 → 民の自主性を尊重せよ
  4. 満ち足りた人生とは
と4回に分けて放送されました。

正直、老子の思想の根幹である「道(TAO)」についてはまだよく分かりません。また、老子の思想は極端なので、本当にそれが実現できるとも思えません。しかし、物事はプラスとマイナス2つの価値がちょうどよいバランスを保ったときに一番よい状態になるように思います。例えば、団結が強すぎる組織だと改革が阻害され、団結が弱すぎるとバラバラで充分力が発揮されませんが、メンバーがちゃんとつながりながらも流動性のある組織ならば継続的に発展できるなどです。現代社会の対極にあるような老子の思想は、バランスを取るための大切な軸を与えてくれるかもしれません。実際、「戦わずして勝つこと」が理想という話はwin-winの関係の構築に、民の自主性を尊重せよという話は部下を育てる際の心構えに、というように現代に通じるものを感じました。

近代化は西洋世界がリードしてきましたが、ここに来て行き詰まりが見られるようになってきました。今までのやり方を全て捨て去るわけには行きませんが、新しい視点が必要になってきています。スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していたことは有名ですが、東洋的な視点には何かヒントになるものがあるかもしれません。東洋で一番近代化に成功している日本にいるビジネスパーソンは、西洋と東洋どちらも理解しやすいという点で非常に恵まれた立場にあると言えます。そのアドバンテージを有効に活用しないのはもったいない。『100分 de 名著』のテキストには東洋思想を解説した本がいくつもあります。別のミニコラム『「100分 de 名著」で世界を広げる』でもご紹介した「ブッタ 真理のことば」「孔子 論語」もそうですし、「般若心教」も放送されたことがあります。気になるものからチェックしてみてはいかがでしょうか。

『般若心経』 2013年1月 (100分 de 名著)




※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

タグ: 仕事 働く女性 ビジネススキル

2013/09

12

コメント:0

相場格言をビジネスに生かす


みなさんは「相場格言」をご存知でしょうか。株取引などの相場に関する教訓ですが、お金に関することは人間の本質が極端な形で出やすいからでしょうか、相場以外にも当てはまると思います。そこで今回は、ビジネスや日々の生活でも役に立ちそうな相場格言を3つご紹介します。

1.頭と尻尾はくれてやれ

「頭」は天井(最高値)、「尻尾」は大底(最安値)のことです。投資は大底で買って天井で売るのが一番儲かりますが、それはほとんど不可能です(例えば、株式投資をされない方は、日経平均株価の推移予測をしてみれば分かるでしょう)。そのような確率の低いことに執着していては、魚全体を逃すことにもなりかねません。この言葉は、頭と尻尾(些細な利益)に捉われずに、腹(大きな利益)を確実に得ることが大切という教えです。

この教えは、完璧主義の人には特に有用ではないでしょうか。100点満点を目指す向上心はとても大切ですが、ビジネスでは期限や優先度という別のファクターもあり、全てのバランスを取る必要があります。つまり「何を取る(やる)か」と同じように「何を捨てる(やらない)か」も非常に大切なことなのです。完璧主義の人は、この「捨てる」という意識が低いために仕事を必要以上に増やしてしまうことがあります。「くれてやれ」は少し品のない言い方かもしれませんが、そのような一歩引く余裕を持つことが必要ではないでしょうか。

2.見切り千両

買った株が期待に反して値下がりしたとき、株価が戻ることを期待してそのまま持ち続けると、結局はひどく下がったところで売るしかなくなることが多くあります。許容範囲内の損失に留まるうちに見切りをつけられれば、許容できないような大損をしないので千金の価値があるという教えです。

一度始めてしまうとなかなか途中でやめられない、というのはビジネスの世界でもよくあることです。既にこれだけのヒト・モノ・カネを注ぎ込んでいるので途中で止める訳にはいかない、という話はあちこちでよく聞きます。そのようにして続けても、結局は傷口が広がってより悪い結果に終わることがほとんどです。最悪の場合、事業の継続が不可能になることもあります。株式投資の世界では、ここまで値段が下がったら必ず売るという許容範囲を事前に決めておき、そうなったら感情に流されず機械的に売ることが投資を続けるためには必要という考え方があります。ビジネスの世界では、例えばスケジュール作成時に「ここまでにこれだけ終わらなければ、このような対応をする」と決めておくことも一つの対策になるのではないでしょうか。

3.人の行く裏に道あり花の山

利益を得るためには、他の市場参加者と逆の行動をとったり、注目を集めていないことに注目したりすべきという教えです。

人の行かない所に行きなさいという視点は、ブルーオーシャン戦略に通じるものがあります(ブルーオーシャン戦略の概略は別のミニコラム「ブルーオーシャン戦略」で言及しています)。今までの日本のビジネスでは、日本人の「和を以て貴しとなす」精神が有用でしたが、これからはいかに「人と違う」かも重要になってくるでしょう。独自の価値がなければ、価格競争に飲み込まれてしまうからです。人と同じことに安心してしまいがちな日本人は、この言葉を時々唱えてみるのもよいでしょう。


以上、ビジネスでも日常生活でも役に立ちそうな3つの相場格言をご紹介しました。相場格言は人間の弱いところを突いていますので、相場以外でも成り立つものです。日本証券業協会の相場格言集をはじめ、相場格言をまとめて紹介するサイトもいくつかありますので、人間観察の一貫としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

タグ: 仕事 金言 キャリア

2013/02

14

コメント:0

40代のキャリア戦略


働いている期間が長くなり経験を積むと、仕事に自信が持てるようになります。しかし、40歳くらいになると、「仕事が面白くなくなった」という不満、あるいは「このままでは生き残れない」という不安を感じる人が多いのではないでしょうか。私もそうでした。では、どうすればいいのでしょうか。

2012年には、国家戦略室フロンティア会議が提唱した「40歳定年制」が話題になりました。「40歳定年制」に対しては否定的な意見も多く、国家戦略室もその後廃止されたので、それが実現することはおそらくないでしょう。しかし、その元となった次の現状認識は、働いていれば大抵の人が実感することではないでしょうか。

◆日本の財政が悪化しているため、社会保障を支える人を増やす必要がある
 →歳をとっても働かざるを得ない状況になってきている
◆産業構造の変化スピードが早くなっているので、長期繁栄できる企業がなくなってきている
◆個人レベルでも技術・知識の陳腐化のスピードが速く、学び直しが必要になってきている

40歳定年制の目的は「40歳、60歳で学び直すことによって、長く働いてもらう」ことだそうです。確かに、40歳ぐらいの年齢になれば成長が頭打ちの感もあり、次の20年を生き抜くための力が欲しいと思うようになる人が多いと思います。しかし、分かってはいてもなかなか実行できるものではありません。若いころと比べて記憶力は低下していますし、仕事で忙しい。使える資源が少ないのに効果を挙げようと思うならば、やはりよく戦略を練るしかありません。

ドラッカーはその著書『プロフェッショナルの条件』で、「30のときには心躍った仕事も、50ともなれば退屈する。したがって、第二の人生を設計することが必要になる。」とし、それには3つの方法があると述べています。

1.文字通りの第二の人生
  働く場所は変わるが仕事の内容はあまり変わらないケースと、仕事がまったく変わるケースがある
2.パラレル・キャリア(第二の仕事)
  本業の他に副業的なキャリアや趣味を持つ
3.ソーシャル・アントレプレナー(篤志家)
  本業で成功を収めているが、その時間を減らして別の新しい仕事、特に非営利の仕事を始めるなど

ただし、どの方法でも「本格的に踏み切るかなり前から助走しなければならない。」とも述べています。一方で、ドラッカーは、その著書『マネジメント』で

既存の製品の新しい用途を見つけることもイノベーションである。イヌイットに対して凍結防止のためとして冷蔵庫を売ることは、新しい工程の開発や新しい製品の発明に劣らないイノベーションである。それは新しい市場を開拓することでもある。凍結防止用という新しい製品を創造することである。技術的には既存の製品があるだけである。だが経済的には、イノベーションが行われている。

と述べています。このことは、製品だけでなく働く人に対しても当てはまることではないでしょうか。ありふれたスキル(技能)であっても、違う場所では意外な価値を持つ場合があります。そのことを、私はIT業界からジュエリー業界に移った時、思いがけず知りました。IT業界ではありふれた私のITスキルも、ジュエリー業界ではめずらしいスキルだったのです。今後、これを生かして何かが出来るかもしれません。私の場合はたまたま後から気がついただけですが、戦略的に自分のスキルを生かせる違う場所を探してみると、助走期間を短縮できるかもしれません。もちろん、それは違う業種とは限らず、同じ会社の違う部門や、今の部門でターゲットを変えることかもしれません。このような発想は、「ブルー・オーシャン戦略」の「レッド・オーシャンという血みどろの市場で競争するより、レッド・オーシャンを抜け出し、敵のいない未開拓の市場を目指す」という戦略に通じるところがあります。

現代では、仕事をする意義は、生きる糧を得るためだけでなく、自己実現という面も大きいとされています。「仕事が面白くなくなった」という不満、「このままでは生き残れない」という不安をそのままにしておくと、人生の質を低下させかねません。「仕事が面白くなくなった」という方は、ドラッカーの言う3つの方法のうちのパラレル・キャリアやソーシャル・アントレプレナーを目指してみてはいかがでしょう。「このままでは生き残れない」と感じている方は、1つ目の文字通りの第二の人生、あるいはパラレル・キャリアを経てのキャリアチェンジを目指すという方法があります。その場合はやはり、自分のスキルを生かせて、競争相手の少ない有利な場所を探したいことでしょう。以前のコラム「10年後に生き残るためのキャリア戦略マップ」では、そのための1つのヒントをご紹介しています。40代は、今までを振り返り、これからのキャリア戦略をもう一度練り直す、そういう時期なのかもしれません。


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))




マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則





※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

タグ: 仕事 働く女性 キャリア

お知らせ

★ 初めてお越しいただいた方は、是非、[こちら]もご覧ください。

プロフィール

Another You

ジュエリーショップ Another You は、忙しいビジネスパーソンが忙しい日々のなかで見失ってしまった自分らしさ、その自分らしさを探す場をジュエリーを通してご提供することを目指しております。

その一環として、ビジネスパーソンとしての経験を持つスタッフ、ITエンジニアとしての経験を持つスタッフ、ジュエリー制作の技術を持つスタッフ、ジュエリーコーディネータの資格を持つスタッフが、働く女性のお役にたてるミニコラムを掲載してまいります。

最新記事

人気記事ランキング(1ヵ月間)

検索フォーム

ビジネスシーンで使えるジュエリー

クリックで詳細画面に移動します

ジュエリー/ファッションコラム(別ブログ)

NEW  仕事でジュエリーを着ける意味
ホワイトゴールドはなぜ白い?
K10は金と言える?|貴金属の知識
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由2
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由1
太い指の人がビジネスシーンで使える指輪
首の形から考えるビジネスシーンネックレス
顔の形から考えるビジネスシーンイヤリング
ビジネスシーンのメガネとジュエリー
ショールカラージャケット|ジュエリーコー..
ノーカラージャケット|ジュエリーコーデ..
テーラード+イタリアンカラー|ジュエリ..
テーラード+カットソー|ジュエリーコー..
テーラード+シャツ|ジュエリーコーディ..
戦略の立て方|ジュエリーコーディネート..
ビジネスシーンジュエリー(3)手元
ビジネスシーンジュエリー(2)胸元
ビジネスシーンジュエリー(1)顔まわり
本質をテーマにした指輪|試作品
働く女性の腕時計と手のジュエリー
働く女性の腕時計とブレスレット
今もとめられるジュエリーとは
スーツにふさわしい季節感のあるジュエ..
ビジネスシーンのジュエリーに季節感を
ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える
ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
ビジネスシーンで役立つオメガ・ネック..
ビジネスシーンでのブローチ
ジュエリーに関する雑学
ビジネスシーンにふさわしいV字指輪
ビジネスシーンでの指輪はどの指に
リーダーにふさわしいビジネスシーンでの..
ビジネスでのファッションは仕事のセンス
リーダーにふさわしい貴金属とは
リーダーにふさわしい宝石とは
ビジネスシーンにおけるジュエリーリング

PR

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数|since 2012.4

Original Designed by

Ad