2013/03

14

コメント:0

働く女性が持ち歩く防災グッズ(1)


東日本大震災から2年が経過しました。発生当時は用心して多くの防災グッズを持ち歩いていた私も、今では荷物が多い時などは防災グッズを持たずに出かけるようになってしまいました。化粧品など持ち物が多い女性にとって、防災グッズを持ち歩くことは意外に負担です。今回と次回の2回で、優先順位をきちんと抑えた本当に持ち歩くべき防災グッズを考えてみたいと思います。

優先順位を考える際に考慮すべき点として、防災グッズには

1.避難するため(災害発生時に死なない、あるいは大きなダメージを受けないため)のグッズ
2.1で生き残った後、避難生活をするためのグッズ

の2タイプがあるということを2013/2/27放送の『緊急!池上彰と考える“巨大地震”…その時命を守るために』で言っていました。より重要なのは、もちろん1の方でしょう。

しかし番組によれば、一般の人が選ぶ防災グッズのベスト5は、水、非常食、懐中電灯、ラジオ、携帯充電器と2の避難生活のためのグッズが多かったそうです。一方、防災の専門家が選んだグッズは以下のように1の避難のため(死なないため)のグッズが多いのです。

1位 笛・ブザー : 建物の下敷きになった時など、自分を発見してもらうためのツール
2位 懐中電灯 : 暗いと避難が困難
3位 携帯トイレ : かけつける救援隊は水・食料を持ってきても、トイレは後まわし
4位 マスク : 建物が倒壊するとホコリが舞いやすい
5位 ポリ袋 : 食べるとき汚れた手で触らないように、トイレ代わり、防寒などにも
番外 投げ消す消火剤、止血パット、携帯トイレ、防煙マスク(かぶるタイプ)、携帯トイレ用ポンチョ

これは、専門家がより具体的に災害の状況を理解しているからもあるでしょうが、一般の人に「楽観バイアス」がかかっているからという要因もありそうです。2012/12/19放送の『ためしてガッテン これだ!快感防災テク』では、人間は自分が死ぬ姿をうまく想像することができない特性「楽観バイアス」を持っているため、1の対策をなかなか考えられないそうです。これは注意が必要なことですね。

以上のことを前提に、私が持ち歩く防犯グッズを見直してみました。上の専門家のリストに加えて、次の3つのサイトから外出時に必要とされるアイテムをピックアップし、その中から自分に必要なものを絞り込みます。

・地震ITUMO.COMの「防災グッズ 普段から持ち歩くもの、身に付けておくもの
・阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターの「非常持ち出しチェックリスト
 (基本品目で「0次の備え いつもケータイ!」に該当するもののみ)
・日経ウーマンオンラインの「3.11から1年・・・震災に備えてできること おひとりさまの防災マニュアル・決定版!

今回は、ピックアップしたアイテムの中からまず1に該当するグッズを選び出し、被災から2・3日のうちに帰宅もしくは救援隊が来ることを前提に、必要性を考えました。2に該当するグッズは次回考えます。
 
避難するため(死なないため)のグッズ
頭の○×は、私が今回検討した結果(○は持ち歩く、×は持ち歩かない)を表します。
○ 笛(ホイッスル)、防犯ブザー
○ 懐中電灯・ペンライト(地震ITUMOではヘッドライト)
× 投げ消す消火剤
× たためるヘルメット
× 止血パット
× 防煙マスク(かぶるタイプ)

このグループは、できるだけいつも身につけていることが理想のグッズです。防災専門家が1位、2位に挙げた笛・ブザー・懐中電灯ですが、私はかなり小さいライトとホイッスルをストラップとして使用し、携帯と一緒に常に身につけています。この2つはかなりおすすめです。

ABITAX(アビタックス) タグライト ダークグレー 0510-N



ホイッスルストラップ ラブレター シルバー


左のLEDライトは親指の第一関節より先ほどの小ささで、色は12色あります。2つとも小さいけれど充分な性能で、何よりデザインが良いので、常に身につけていても恥ずかしくありません。防犯ブザーはいつも持ち歩いていましたが、災害時にも役立つというのは気がつきませんでした。いま持っているものはちょっと大きめなので、もう少しコンパクトなものを探してみたいと思います。

専門家おすすめの止血パッド、防煙マスク、消火剤、たためるヘルメットはあればいいとは思いますが、かさばりすぎたり高すぎたりするため、今回は見送ることとしました。性能は格段に落ちますが、止血パッドはタオルや生理用品、防煙マスクはビニール袋で代用します。(タオル・生理用品・ビニール袋は次回扱います。)

止血パッド Sサイズ 救急処置用 日本製


【送料無料】 携帯耐熱防煙マスク(フード)有効期限2017年9月2日


イエロータタメット(オレンジ) TATAMET-SOR



避難するためのグッズが大切なことは分かりましたが、そのようなグッズの多くは、個人が常に持ち歩くことは難しいのが現状のようです。しかし、たためるヘルメットのように技術革新は起きているようなので、今後持ち歩けるレベルまで進化するかもしれません。期待してウォッチしていたいと思います。

次回は、2の避難生活をするためのグッズについて考えます。
※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 働く女性 防災 地震

2013/03

28

コメント:0

働く女性が持ち歩く防災グッズ(2)


東日本大震災の経験から防災への意識が高まり、自宅や職場に防災グッズを揃えている人も多くなっています。しかし、移動中はどうでしょうか。前回は、災害発生時に死なない、あるいは大きなダメージを受けないためのグッズについて考えました。今回は、外出先(通勤などの移動中、買い物中など)で被災して生き残った後、自宅または職場に戻るまでの間に必要なものを考えます。

東日本大震災発生時の首都圏の経験から、混乱した状況の中で移動するより、少し待ってある程度状況が落ち着いてから行動した方が安全だと言われるようになりました。したがって、ある程度状況が落ち着くまでの時間(最大でも2・3日程度)しのぐことを中心に考えます。前回と同様に、次の3つのサイトを参考にしました。

・地震ITUMO.COMの「防災グッズ 普段から持ち歩くもの、身に付けておくもの
・阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターの「非常持ち出しチェックリスト
 (基本品目で「0次の備え いつもケータイ!」に該当するもののみ)
・日経ウーマンオンラインの「3.11から1年・・・震災に備えてできること おひとりさまの防災マニュアル・決定版!

この3つのサイトを見ていると、防災グッズには色々な用途に使える多機能グッズと専用グッズの2種類があることに気が付きます。専用グッズは便利ですが、全部を専用グッズにすると大変な容量になります。しかし、多機能グッズは専用グッズに比べ使いやすいさが劣ります。重要なものだけ専用グッズにして、後は多機能グッズを使って知恵と工夫で乗り切る、また短期間なのでなくてもどうにかなるものはなしで過ごす覚悟を決めるのが、一番バランスが取れた方法だと思います。

1.多機能グッズ

3つのサイトであがっていた防災グッズのうち、2つ以上の用途に使える多機能グッズは次のものでした。

 ◆エマージェンシーブランケット 防寒や目隠しなどに使える
 ◆ビニール袋(ポリ袋) 食料や傷口に触る際に袋で手を覆えば衛生的。雨具・防寒着代わりになる
 ◆大型ハンカチ(タオル) マスク・包帯・止血パッド代わりに使える
 ◆マスク ホコリよけや防寒になる
 ◆生理用品 止血パッドや下着の代わりとして使える

エマージェンシーブランケットは持っていましたが、それ以外が防災グッズになるとは知りませんでした。どれもコンパクトで軽く、バッグに入れておいても負荷になりません。

以下のサイトには、グッズの使い方例が載っていますので、参考になると思います。
・iTCOM.NETの「エマージェンシーブランケットを用意しよう
・NHKそなえる防災「防災グッズを備えよう~多機能防災グッズの勧め~

2.専用グッズ

ビッグウイング(BIGWING) ワンタッチ携帯トイレ 女性用 3個セット

3つのサイトに載っていたもので、特に強調されていたものが携帯トイレでした。水洗トイレは断水はもちろん停電でも使えなくなる可能性があります。かといって、生理現象は止められません。最近はポケットティッシュ程度の大きさのコンパクトな携帯トイレがあるので、持っていればどうしてもという時に安心かもしれません。ただ、ほとんどのものが尿用です。便のことを考えると、ビニール袋は必須になりますね。

次に必要だとよく言われるのが、情報収集や連絡のために必要なグッズでしょうか。携帯ラジオ、10円玉、電池・充電池などです。私の場合、情報収集は携帯ラジオ、連絡はメールと公衆電話で行うと想定しています。携帯ラジオはつけっぱなしでも2・3日はもつタイプなので電池も不要、私はPHSを持っていますのでメール中心の使用ならば3日は持つと考えて充電器は不要としました。その代わり、10円玉と共にテレホンカードも持ち歩くことにしました。停電中はテレホンカードは使えませんが、電気はわりと早めに復旧しますし、小銭がいっぱいになった公衆電話は小銭では使えないけれどテレホンカードなら使えるそうです。どう行動するかは人それぞれの慣れやポリシーがありますから、それにしたがってシミュレーションしてみると良いと思います。

SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ M98 シルバー SRF-M98/S

また、iPod nanoやウォークマンなどの携帯音楽プレーヤーにはFMラジオを受信可能(AMラジオは不可)のものもあるので、それで携帯ラジオの代用がある程度できます。私は名刺サイズの携帯ラジオを持っていますがライターサイズのものもあるそうです。名刺サイズでも重いと感じることがあるので、ライターサイズを検討するのも良いかなと思いました。

ただ、水洗トイレが長いこと使えなければ持っている携帯トイレも底を突くでしょうし、一人で得られる情報には限度があります。都会ならば周りに人がいるはずなので、協力して問題に対応した方が効果的なはずです。自分の力で何とかしようとする心がけは必要ですが、一人の力には限界があります。ある程度グッズを揃えたら、あとは冷静な判断力とグループで問題を解決する力を発揮することを考えるのが賢明だと思います。働いている女性なら、職場で鍛えられているので出来るはずですから。

3.私が持つと決めたもの、持たないと決めたもの

最終的に私が常に持ち歩く防災グッズとして選んだものは以下の通りです。(前回分を含めます)

 ○ 笛(ホイッスル)、防犯ブザー
 ○ ペンライト
 ○ マスク(防寒にもなる)
 ○ 携帯トイレ
 ○ 常備薬・救急医療品(絆創膏など)
 ○ エマージェンシーブランケット
 ○ 使い捨てカイロ(真冬だけ)
 ○ 生理用品・おりものシート
 ○ ビニール袋(ポリ袋)
 ○ 大型ハンカチ(タオル)
 ○ 小銭(公衆電話用)・テレホンカード
 ○ 筆記用具(メモ帳・ペン)
 ○ 身分証明書
 ○ 連絡先メモ(金融機関やカード会社なども)
 ○ 携帯ラジオ
 ○ 水
 ○ 非常食(チョコ・飴など)
 ○ 歩きやすい靴
 ○ よく行くところから自宅までの地図のコピー(帰宅支援マップ代わり)
 ○ ティッシュペーパー
 ○ ウエットティッシュ

大型ハンカチやティッシュ・ウェットティッシュといった日常使いのものを除くと、このようになります。

防災グッズ

赤いスライダー付き袋はA5サイズです。厚みのあったエマージェンシーブランケットは、入っていた袋から取り出し少し広げて折りを少なくし、Ziplockに入れて空気を抜きました。

なお、もたないと決めたものは以下のものです。

 × 携帯トイレ用ポンチョ → エマージェンシーブランケットで代用 
 × 安全ピン → タオルを留めて下着の代用らしいが、生理用品・おりものシートでOK
 × 乾電池 → 携帯ラジオは3日はもつ
 × 充電器 → PHSでメール中心なら3日はもつ
 × リュックタイプのカバン → バッグで帰るのが無理な状態ならその場に留まる
 × 帰宅支援マップ → コピーした地図の方が最新情報を書き込める
 × ハブラシ → 3日までならなくてもなんとかなる

ハブラシがない場合のオーラルケアの方法が、サンスターのサイトの「覚えてください、防災にオーラルケア。」で紹介されています。

今までは古い知識でなんとなく準備していましたが、最新の情報を得ると携帯トイレなど思いもかけないものがあったほうがよいと気が付きました。一方で、具体的に状況を想定してみることで自分には必要ないものも見えてきました。専門家や経験者の知識を学びながらも、自分にあった形にカスタマイズしなければ最適はえられないということは、仕事だけでなく防災でも同じことなのですね。みなさんも、シミュレーションをしながら防災グッズを見直してみてはいかがでしょうか。

※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 働く女性 防災 地震

お知らせ

★ 初めてお越しいただいた方は、是非、[こちら]もご覧ください。

プロフィール

Another You

ジュエリーショップ Another You は、忙しいビジネスパーソンが忙しい日々のなかで見失ってしまった自分らしさ、その自分らしさを探す場をジュエリーを通してご提供することを目指しております。

その一環として、ビジネスパーソンとしての経験を持つスタッフ、ITエンジニアとしての経験を持つスタッフ、ジュエリー制作の技術を持つスタッフ、ジュエリーコーディネータの資格を持つスタッフが、働く女性のお役にたてるミニコラムを掲載してまいります。

最新記事

人気記事ランキング(1ヵ月間)

検索フォーム

ビジネスシーンで使えるジュエリー

クリックで詳細画面に移動します

ジュエリー/ファッションコラム(別ブログ)

NEW  仕事でジュエリーを着ける意味
ホワイトゴールドはなぜ白い?
K10は金と言える?|貴金属の知識
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由2
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由1
太い指の人がビジネスシーンで使える指輪
首の形から考えるビジネスシーンネックレス
顔の形から考えるビジネスシーンイヤリング
ビジネスシーンのメガネとジュエリー
ショールカラージャケット|ジュエリーコー..
ノーカラージャケット|ジュエリーコーデ..
テーラード+イタリアンカラー|ジュエリ..
テーラード+カットソー|ジュエリーコー..
テーラード+シャツ|ジュエリーコーディ..
戦略の立て方|ジュエリーコーディネート..
ビジネスシーンジュエリー(3)手元
ビジネスシーンジュエリー(2)胸元
ビジネスシーンジュエリー(1)顔まわり
本質をテーマにした指輪|試作品
働く女性の腕時計と手のジュエリー
働く女性の腕時計とブレスレット
今もとめられるジュエリーとは
スーツにふさわしい季節感のあるジュエ..
ビジネスシーンのジュエリーに季節感を
ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える
ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
ビジネスシーンで役立つオメガ・ネック..
ビジネスシーンでのブローチ
ジュエリーに関する雑学
ビジネスシーンにふさわしいV字指輪
ビジネスシーンでの指輪はどの指に
リーダーにふさわしいビジネスシーンでの..
ビジネスでのファッションは仕事のセンス
リーダーにふさわしい貴金属とは
リーダーにふさわしい宝石とは
ビジネスシーンにおけるジュエリーリング

PR

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数|since 2012.4

Original Designed by

Ad