2012/12

06

コメント:0

スキーとビジネスリーダー|上級者リーダーとは


上級者ウィンタースポーツといえば、その代表のひとつにスキーがあります。ところが、日本におけるスキー人口は、ウィキペディアなどによれば、1993年の1860万人をピークに600~800万人程度に減ってしまっているようです。私もその人口を減らしたひとりでありまして、社会人になってからは、すっかりゲレンデから遠ざかってしまいました。

しかし、最近になって、そのスキーの経験を振り返ってみると、スキーからビジネス的な視点を学ぶことができるのではないか、という気づきがありました。これは、どのような分野においても一緒と思いますが、意外なものが意外な分野で結びつくことがあります。今回は、スキーを例に初心者と上級者の違いを改めて考えてみました。

初心者と上級者でその違いが顕著なのは、もちろん滑っているときですので、その違いを下の表にまとめてみます。



スキー画像いかがでしょうか。スキーをご経験の方は、この違いに同感いただけるのではないでしょうか。私もスキー上達の過程で、この違いを体で覚えましたので、今でもリアルに思い起こせます。

初心者と上級者の一番の違いは、見ているところ(視線)ではないでしょうか。私が初心者のころは、スキー板の先端あたりを見ていました。固いブーツと長くて重いスキー板は慣れない異物で、不安定な足元が気になってしかたなかったのです。

ところが、上達するにつれ、見る場所がだんだん先へ先へとなっていきました。そして、そのかわりにブーツとスキー板が足に一体化したセンサーとなり、足元の状況は見なくても把握できるようになっていきました。もっとも、上達するほどスピードを出して滑るわけですので、必然的にそうなっていくのでしょう。

次に違うのは、姿勢もありますが、ストックもしくはポールの使い方の違いも意外に目立ちます。初心者は、棒切れかなにかのように、なんとなくぶらぶらと持ちます。そして、使うのは倒れそうになったときか、前に進めないときです。上級者は、視線がぶれないように上体をブロックするため、しっかり意識してぎゅっと持ちます。そして、スキー板の方向を変えるため、すなわち回転するためのきっかけとして使います。

これらの違いは、上の2枚の写真を見比べていただいても、おわかりになるかと思います。ただし、地元のちびっ子スキーヤーは、視線が下でも腰が引けていても脚が硬直していても、ものすごいスピードで滑り降りて行きます。さすが地元です。

さて、上記の表の一部を少し変えてみたのが下の表です。比較対象は、初心者リーダと上級者リーダです。

LeaderBegiPro.png

いかがでしょうか。優秀なリーダは、先を見てよく行動し、優秀な部下を仕事のやり方を変えるために使い、現場部下を信頼することで現状を把握し、変化の激しい市場に臨みながらも、すばやく常に一定の成果をあげる、そんなリーダ像ではないでしょうか。

このように、一見異なる分野ですが、スポーツとビジネスを対比することで、ビジネスの大切な本質を実感的に早く深く理解し、さらに深めることができると思います。今回は、スキーをあげてみましたが、例えば、サッカーからビジネスの組織論を考えることができるかもしれませんし、ベストセラーになった書籍「ストーリとしての競争戦略」では、よい戦略の条件をサッカーのボールパスを引き合いに説明されています。逆にビジネスのあり方からスポーツ論に適用することも考えられますが、それはこのブログのテーマの範囲外ということでここで止めておきます。

いずれにしましても、自分が深く体験し学んだことを抽象化し他の分野に応用してみる、という手法は、他の分野の対象を早く深く理解したり、あるいは、対象を他者にうまく伝えるためのひとつの方法として有効であると思います。また、具体的なものをいったん抽象化し、そして、再び他の具体的なものに当てはめて考えてみる、というのはビジネスにおいて論理的思考を行うのによい訓練になります。まだまだな私はこうしてコラムを書くことでも訓練をしておりますが、他にもよい手法や訓練方法があればぜひ教えていただければ幸いです。


※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ: 比較 論理的思考 抽象化 リーダー像 リーダーとは ビジネスリーダー ビジネスとスポーツ

2012/12

20

コメント:0

ブルー・オーシャン戦略


以前のミニコラム『「戦略」なんて関係ない?』でも書きましたが、戦略はもはや経営層だけの問題ではなく、組織で働く以上、戦略の良し悪しの判断が出来る程度の知識をつけることが、自分自身のリスク管理上からも必要になってきています。しかし、コンサルタントなどでもない限り、戦略に関する基礎知識は持っていないことも多いのではないでしょうか。私もその1人です。

そこでざっとネットで調べたところ、
・M.E.ポーターの「競争の戦略」がバイブル的存在
・近年は「ブルー・オーシャン戦略」が話題になっている
らしいということが分かりました。

私は全くの初心者なので原典から読んでも歯が立たないだろうと思い、それぞれの解説本を買ってみました。本来ならバイブル的存在の「競争の戦略」の解説本から読むべきなのでしょうが、新しい考え方の方に興味を持っていたので「ブルー・オーシャン戦略」の解説本から読み始めることにしました。

ポケット図解 チャン・キムとモボルニュの「ブルー・オーシャン戦略」がわかる本―競争のない未開拓市場を創る! (Shuwasystem Business Guide Book)



それは意外によい選択だったようです。「ブルー・オーシャン戦略」は「競争の戦略」を前提として論を進めたものなので、この本には「競争の戦略」に関する最低限の解説もありました。本によれば、M.E.ポーターの「競争の戦略」は競争に主軸を置いた戦略、つまりレッド・オーシャンという血みどろの市場で勝つための戦略、一方「ブルー・オーシャン戦略」はレッド・オーシャンを抜け出し、敵のいない未開拓の市場を目指すという戦略という違いがあります。

「競争の戦略」では、競争に勝つ方法を、(1)コストのリーダーシップ(低コスト化)、(2)差別化、(3)集中、の3つであるとしています。ただし、(3)は特定のセグメントに集中して(1)か(2)を行うものなので、実質は(1)か(2)のどちらかとなります。確かに今までは、コモディティ化した商品は低価格化競争が激しく、差別化された商品は強気の価格設定というように、低コスト化と差別化のどちらか一方だったという気がします。

対して「ブルー・オーシャン戦略」は、低コスト化と差別化(買い手価値の向上)の2つを同時に実現するバリュー・イノベーションを目指し、4つのアクションERRC(エルック)を策定し実行するというものです。 (ERRC=Eliminate(取り除く)、Reduce(減らす)、Raise(増やす)、Create(付け加える))。

それは一体、どういうものなのでしょうか?勝間和代さんのブログに『スーパーホテル」と「カーブス」に学ぶ、「無駄を省いてコストダウンをしながら、顧客満足度を上げる」ということ』というエントリーがありますが、それによると、

(A) 多くの人が、その場では必要のないサービスを提供しないこと
(B) 顧客の時間をむやみに奪わないこと
(C) 本当に価値を置くべきところ、お金をかけるところにはかけること

が今の時代は大切で、「スーパーホテル」と「カーブス」はそれをやっているという指摘でした。(A)(B)は、ブルー・オーシャン戦略で言う「取り除く」「減らす」、(C)が「増やす」「付け加える」にあたるのではないでしょうか。

このように企業がERRCを進めることが多くなれば、消費者も変わる必要が出てきそうです。ポイントを絞ることで低コスト化が実現されれば、今まではコストがネックで選択できなかった商品・サービスも選択できるようになってきます。しかし提供される商品やサービスに今までのように均一ではなく差があるので、何を選択するかによって合う・合わないが大きく変わり、同じ価格でも満足度が違ってきます。つまり、選択肢は広がりますが、それを満足につなげるためには今まで以上にきちんとした選択が必要になるということでしょう。

そして、今までのように価格やブランド名などで判断することは意味がなくなります。同じ価格でも人によって満足度が異なり、ブランド名は過去の評価・他人の評価にすぎないからです(自分で判断した結果がブランドだったということはありえます)。価格やブランド名に代わる判断基準は、自分がいま本当に必要なもの・不必要なものはなにかという個人のライフスタイルになります。さらには、ビジネスで使うホテルと休暇で使うホテルに求めることが違うように、同じ人でもシーンによって必要なものは異なるはずです。これからは商品やサービスを提供する側も受ける側も、このシーンで本当に必要なことは何かを深く考えることが必要な時代になってきているということではないでしょうか。
※上記本文中に商品やサービスについてクリックできるリンクがある場合、そのリンク先で商品やサービスのご購入等をされますと、当ショップに紹介手数料収入が発生する場合がございます(アフィリエイト・プログラムの仕組みです)。この手数料収入につきましては、当ショップが運営している、利用料無料の[ 美的ブログパーツ ]の運営費や、ショップサイト[ Another You ]のポイントシステムで寄付できる非営利法人・団体・協会への寄付、などとして使用させていただきます。実施した寄付につきましては、適宜、このブログでもご報告いたします。なお、リンク先での商品やサービスに不都合があり、万一、損害を被られた場合でも、当ショップは補償等の責任は負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

タグ:  仕事 戦略 キャリア

お知らせ

★ 初めてお越しいただいた方は、是非、[こちら]もご覧ください。

プロフィール

Another You

ジュエリーショップ Another You は、忙しいビジネスパーソンが忙しい日々のなかで見失ってしまった自分らしさ、その自分らしさを探す場をジュエリーを通してご提供することを目指しております。

その一環として、ビジネスパーソンとしての経験を持つスタッフ、ITエンジニアとしての経験を持つスタッフ、ジュエリー制作の技術を持つスタッフ、ジュエリーコーディネータの資格を持つスタッフが、働く女性のお役にたてるミニコラムを掲載してまいります。

最新記事

人気記事ランキング(1ヵ月間)

検索フォーム

ビジネスシーンで使えるジュエリー

クリックで詳細画面に移動します

ジュエリー/ファッションコラム(別ブログ)

NEW  仕事でジュエリーを着ける意味
ホワイトゴールドはなぜ白い?
K10は金と言える?|貴金属の知識
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由2
ビジネスシーンで真珠をつけにくい理由1
太い指の人がビジネスシーンで使える指輪
首の形から考えるビジネスシーンネックレス
顔の形から考えるビジネスシーンイヤリング
ビジネスシーンのメガネとジュエリー
ショールカラージャケット|ジュエリーコー..
ノーカラージャケット|ジュエリーコーデ..
テーラード+イタリアンカラー|ジュエリ..
テーラード+カットソー|ジュエリーコー..
テーラード+シャツ|ジュエリーコーディ..
戦略の立て方|ジュエリーコーディネート..
ビジネスシーンジュエリー(3)手元
ビジネスシーンジュエリー(2)胸元
ビジネスシーンジュエリー(1)顔まわり
本質をテーマにした指輪|試作品
働く女性の腕時計と手のジュエリー
働く女性の腕時計とブレスレット
今もとめられるジュエリーとは
スーツにふさわしい季節感のあるジュエ..
ビジネスシーンのジュエリーに季節感を
ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える
ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
ビジネスシーンで役立つオメガ・ネック..
ビジネスシーンでのブローチ
ジュエリーに関する雑学
ビジネスシーンにふさわしいV字指輪
ビジネスシーンでの指輪はどの指に
リーダーにふさわしいビジネスシーンでの..
ビジネスでのファッションは仕事のセンス
リーダーにふさわしい貴金属とは
リーダーにふさわしい宝石とは
ビジネスシーンにおけるジュエリーリング

PR

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数|since 2012.4

Original Designed by

Ad